株式会社技光堂 高度な製版・印刷技術で、コミュニケーションをもっと美しく

Products

デザインや素材、印刷部数などに合わせて、様々な印刷方法があります。

印刷を大別すると「凸版印刷」「凹版印刷」「平版印刷」「孔版印刷」「オンデマンド印刷」に分類することができます。
ここでは、それぞれの印刷の仕組みをご紹介します。

印刷の分類

印刷物写真
凸版印刷
凸版印刷は、凸部にインキをつけ製品に転写させる印刷方法です。代表的なものに、シール印刷(樹脂凸版印刷)とフレキソ印刷があります。シール印刷は、通常インキを使用します。フレキソ印刷は、ゴムや感光性樹脂の版を用い、刷版にインキを供給する部分にアニロックスロールと呼ばれるローラーを用います。アニロックスロールは、表面に規則正しい配列で凹みを彫刻し、その凹部に詰まったインキを版に供給するもので、用途に合わせて凹部の線数を選択することができます。印圧がほとんどない「キスタッチ」が理想とされ、段ボールライナー、包装フィルムなどの印刷に使用されています。
凹版印刷
画線部を凹状にした版にインキをつけ、ドクター(刃)で画線部以外の不要なインキを取り除き、凹部のインキを転写させる印刷方法です。代表的な凹版に、グラビア印刷やパット印刷があります。紙以外にも、プラスチックやセロハン、建材などにも印刷できます。
平版印刷
表面の平らな平版の画線部を親油性、その他の不要な部分を親水性にし、版を水で湿らせて油性インキをつけることにより水と油が反発し、親油性の画線部にのみインキが残りそれを転写する印刷方法です。 代表的な平版にオフセット印刷があり、オフセット印刷ではさらに版のインクを一端ブランケット(ゴムを巻いた胴)に転写してから紙に印刷します。
孔版印刷
シルク(現在ではナイロン、テトロン、ポリアリレート等)の網目に、画線部だけ孔(穴)を開けた版を使用し、版の上からスキージと呼ばれるゴムで圧力をかけてこすりつけることにより、画線部の孔をインキが通って転写される印刷方法です。家庭で使用されている「プリントゴッコ」の版と原理は同じです。
オンデマンド印刷
従来の印刷のように版を使用せず、デジタルデータを直接プリントする方法です。代表的な物に、インクジェットプリンタがあります。スピーディに印刷でき、1枚からでも対応できます。

お問い合わせ
ご注文

Tel:03-3962-2324 Fax:03-3962-2327 e-mail:info@gikodo.co.jp

●お電話でのお問い合わせ 受付時間9:00~17:30 ●FAXでのお問い合わせ 24時間受付