株式会社技光堂 高度な製版・印刷技術で、コミュニケーションをもっと美しく

Craftmanship

熟練の職人たちの手により、最高の美しさを追求。

質の高い印刷物を作るには、充実した設備とともに、高度な技を持った職人の力が欠かせません。技光堂は、
印刷に関わるプロフェッショナル集団です。幅広い知識と高い技術を持ったスタッフが、お客様のイメージを忠実に再現します。

STAFF VOICE [印刷]

印刷の幅は、想像力で決まります。

シルク印刷は色の調色が大切だと思っています。特に他社の色に合わせる製品は
インキの選定から始まり、撹拌具合や濃度、添加剤や溶剤の使用具合など、
どうすれば同じ色で印刷ができるのか、製品から想像し作っていきます。
実際に印刷する時にはスキージ角度や圧力、コーティングやドクタースピードにも気を配ります。
それらがピッタリ決まった時、想像したとおりの印刷が完成します。
うまく印刷できるまで調整を繰り返し、納得のいく製品をご提供できればと努力しています。

STAFF VOICE [加工]

自らの手で、作業効率をUPさせています。

全ての仕上げの工程なので決して気を許せない仕事です。
いつも納期に追われていますが、前工程のみんなの頑張りに応えられるように綺麗に
よりスピーディにと心がけています。そのためにも作業効率の改善、
工夫は欠かせません。例えば、部分糊貼りなどの治具を考え、作業時間を
短縮した時などは自信にもつながりましたし、多くの方に喜んでいただけました。

STAFF VOICE [製版システム]

仕事のやりがいを“街”で感じています。

スクリーン印刷では1色に対して1枚の版が必要です。
その版を作るためのフィルムを出力するのが私の主な仕事です。
お客様との打ち合わせから始まり、複雑な柄を細部までこだわってデータを
作成するのですが、私が関われるのは黒か透明かのフィルムを出力する所までなので、
関わった印刷物を製品として街で見かけた時のうれしさや達成感は大きいです。
ゲームセンターや自動販売機、化粧品売り場など、
様々な場所で思い掛けず仕事のやりがいを感じることが多々あります。

STAFF VOICE [品質管理]

最後の砦だという責任感で検査しています。

製品が出荷される前の、最後の砦だという責任感をもって検査をしています。
現在、私の他に4人のチームで行っていますが、検査をする際にどうしても
部屋の蛍光灯などの光が、シール面(印刷面)に反射して文字のチェックなどに
支障がでますので、各自蛍光灯に艶消し材を貼ったり、バックを黒にしたり、
乱反射を防ぐ工夫をしながら頑張っています。
特に医療関係や車、ATMなどミスが許されない製品は、
寸法-文校正-材質-ピンホールなどすべての項目を一から見直しています。

お問い合わせ
ご注文

Tel:03-3962-2324 Fax:03-3962-2327 e-mail:info@gikodo.co.jp

●お電話でのお問い合わせ 受付時間9:00~17:30 ●FAXでのお問い合わせ 24時間受付